梅加工の歴史から培われた技術と、日々の積み重ねから得られる信頼を継承するもの同士が集い、梅生産者や関連団体と連携し、さらなる梅産業と地域社会の発展に貢献します。, 紀州田辺梅干協同組合, 田辺市, 西牟婁郡

紀州田辺梅干協同組合とは

  • HOME »
  • 紀州田辺梅干協同組合とは

紀州田辺梅干協同組合とは

梅の花をモチーフにしたロゴデザインで、5つの花びらの円で構成されます。それぞれの花びらは、実になるまでの過程を表しています。さらに、上記の「理念」にある5つのワードには、1つでも欠けることなくさらに飛躍していくという意味を込めました。

理事長挨拶

紀州田辺梅干協同組合は昭和38年に田辺市に創立された、田辺市・西牟婁郡地域の梅干製造企業が加盟する協同組合です。
南紀州一帯に広がる梅産地のなかで、梅づくりの長い歴史から培われてきた伝統技術を基礎とした梅干の製造を通じて、現在から未来に向かって、その技術と信頼を継承する為に、産地の多くの人々や諸団体と連携しながら、梅産業の発展に貢献することを理念に掲げて、宣伝活動や食の安全と法令遵守への啓蒙活動などに取り組んでいます。
梅干をお買い上げ頂くお客様や流通・販売企業、そして梅産業に関わる多くの企業や団体、行政など、我々を支えて頂く多くの皆様からのご要望やご指導を真摯に承り、更に信頼を築くために努力を続けてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

組合概要

組合名 紀州田辺梅干協同組合
理事長 中田 吉昭
組合員数 36社
所在地 〒646-0001 和歌山県田辺市上秋津2084-1 牟婁商工会内
TEL 0739-35-1101
FAX 0739-35-1112

コンプライアンスポリシー

紀州田辺梅干協同組合の役員および加盟企業は、関連諸法令を遵守するとともに、地域社会の一員として、より高い倫理意識を持ち、社会的良識を守り、組合理念と行動指針に基づき、梅産業と地域社会の一員として責任ある組合活動と組織運営を行う。

1.関連法令遵守の啓蒙

当組合は、加盟企業に対して関連法令を遵守する為の啓蒙活動により法令違反の防止に努める。

2.反競争的行為の防止

当組合は、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律を遵守し、独占禁止法、不正競争防止法の条項に違反する反競争的行為を構成する話合いや活動に、当組合と加盟企業、関連団体が直接または間接的に関与することの防止に努める。

3.地域環境保全への取り組み

当組合は、加盟企業が地域の環境保全に留意するよう指導に努める。

4.反社会勢力の排除

当組合は、加盟企業、役員、職員による反社会的勢力並びに社会的秩序および市民社会の安全性に脅威を及ぼす組織との一切の関係を排除するよう指導に努める。

5.秘密保持及び財産権の尊重

当組合は、加盟企業、関連団体の企業秘密を保持し漏洩防止に努め、商標権及び特許権等の知的財産権を尊重する。

6.差別・ハラスメントの防止

当組合は、役職員、組合員による、出生、人種、民族、信条、性別、宗教、国籍、知的・身体的障害、病歴、学歴などの差別や嫌がらせ、言論等による攻撃、性的・暴力的な言動や人に不快な思いを与えるハラスメント行為などの防止に努める。

紀州田辺梅干協同組合 コンプライアンス委員会
平成27年度制定

設立の経緯・沿革

昭和7年(1932年) 梅干加工業をしていた業者である桑原孝一郎氏、中田秀次郎氏、松本幸作氏、愛須米吉氏らが「田辺梅干睦会」を設立したが、その後解散。
昭和32年(1957年) 発起人7名で「牟婁町梅干工業協同組合」を設立。発起人代表は三栖茂一氏で法人登記。
昭和38年(1963年) 「牟婁町梅干工業組合」を発展的解消し、新たに「紀州梅干漬物協同組合」を設立。
昭和41年(1966年) 「梅供養」を開始する。
昭和60年(1985年) 名称を「紀州田辺梅干協同組合」と変更し現在に至る。
平成11年(1999年) 「梅の日」が制定される。

アクセスマップ

〒646-0001 和歌山県田辺市上秋津2084-1




紀州田辺梅干協同組合とは
「紀州田辺梅干協同組合」について
ご紹介します。
特選マークは、
最高品質「特選紀州梅干」の証です。
田辺市・西牟婁郡地域で
活躍する組合員で構成しています。
開花から結実まで、
生産者・加工業者の作業と、梅干ができるまでの流れをご紹介します。
「みなべ・田辺の梅システム」
~次世代につなぐ、
  世界に誇るべき「農業システム」~
近年注目されている驚異の梅パワー、
梅干の由来や歴史について詳しくご説明します。
PAGETOP
Copyright © 紀州田辺梅干協同組合 All Rights Reserved.